2008年02月22日

底土が凪ぎ!カンムリベラ幼魚出始め!

ぴかぴか(新しい)3・4月のご予約、またGWのご予約お待ちしてます!ぴかぴか(新しい)

 今日はこれから日本海側の低気圧が徐々に日本を通過するため南西の風が吹きました、おかげで底土が久しぶりに凪ぎました! そして低気圧は通過した後に発達する見込み・・・これは明日は海なしの可能性大。 今日潜っとかないとね!


底土のアーチ!


というわけで底土でのんびりマクロフォトダイブしてきました。

2008/2/22曇り 底土 水温19.3℃ 透視度20m

久しぶりの底土ですが、水は蒼い! 気持ちイイですね〜!

そして、幼魚が出始めました! 人気の幼魚系は一番(?)はやいカンムリベラ幼魚!1cmクラスの小さな個体が見られました! かなり小さい個体もいます! 多い場所では一箇所に5個体カンムリベラ幼魚ゾーンでした!


キンチャクガニ


 そして、底土といえば、キンチャクガニ! 八丈島では各ポイントで見られますが、底土が定番かな? ということで久々にキンチャクガニを撮影・・・・と、思ったらやたら元気がイイ個体、しかも水中はうねりがあったため3枚斬ってあきらめました。。


イソコンペイトウガニ


 以前見つけたイソコンペイトウガニを見に行くと、元気でした!ちょっと大きくなったかな? このトサカが育つところもうねることが多いのでやはり撮影は大変でした。。


テングダイ


アーチ内には、テングダイ チョウチョウウオ ユウゼン キホシスズメダイ群れ タテジマキンチャクダイなど。 


ハナゴイ


壁面には、ハナゴイやキンギョハナダイがうねりに逆らってプルプルと泳いでました! ハナゴイをまた撮ってしまいましたが、やはりキレイですねぇ!


レンテンヤッコ


 すぐ近くにいたレンテンヤッコが、あまり逃げないのでパチリ!お!こいつは撮りやすいかな?と、カメラ向け始めると、逃げ体勢。。殺気がでてしまったか。。


ムロトミノ


 ムロトミノウミウシほか、パイナップルウミウシ ミゾレウミウシ ユビウミウシなど まぁ底土はずっと時化でしたので仕方ないですね。


ほかに見られた生物は、前回と全く同じとこにいたハダカハオコゼ ヒレナガハギペア シロイソハゼ ベンケイハゼ ナメモンガラ モンガラカワハギ ムロアジ群れ など

カメは今日は見れてないな〜、と思っていたら、最後のエントランスホールで、アオウミガメに遭遇! やはりカメの島ですね!

明日は、西風、八重根が崩れればアウトでしょうね、あまり吹かなければよいのですが・・・潜れたら潜りま〜す!



posted by 八丈島 アルケロン at 18:48| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: