2020年06月30日

永遠に南西の風、底土日和が続きます。。

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

新たなスタイルでの営業は、密にならないよう受け入れ許容人数も少なくしてまいります。
コロナ情勢によっては急なキャンセルをお願いをする可能性もございますので、交通手段などをご決済する前にご一報いただけますと幸いです。

また、感染拡大防止のために、アメニティグッズをはじめ、様々なサービスも一部廃止になります。 除菌・消毒のためにご協力をお願いいたします。

詳細は現在制作中、後日リンクさせていただきますが、今までよりご不便、ご面倒をおかけすることが多くなります。 

ダイビング中は今まで同様、楽しくご案内させていただきます。

皆様にお会いできる日を楽しみにしております。


八丈島へのご来島をお考えの皆様へ

八丈町からのお知らせはこちら


皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、南西の風で曇り。気温はそこそこ上がりますが、日差しが無い分、それほど暑く感じませんでした。

海は引き続き底土がべた凪ぎ。

工事があるので、まぁ午後からがいいかな、と思ってたら、午前の早い時間に「本日の工事は終了、ダイビングOKです」との連絡。

こんなパターンがゲストさんいる日だったらいいのにね。


200630-so02.jpg

というわけですが、結局は午後遅めの底土。

のんびりりと潜ってきました。

2020/6/30☁ 底土 水温24-25℃ 透視度15-20m 気温23.8-27.0℃ 風:南南西(Max17.5m/s)

ドボンと入ると、今日も25℃前後。

一部、何となく冷っとした場所もあったようななかったような。。


shinderera200630.jpg

シンデレラウミウシです。

小型のシンデレラでした。


daiana200630.jpg

ダイアナウミウシです。

こちらも小型の個体だったので、にっこりとはいかず、おちょぼ口でした。



kurphuchi200630.jpg

ウミコチョウの交接です。

動画も撮りましたが、これが中々激しい感じ。

今度、海なしの日かなんかのタイミングでアップロードします。


ransoni200630.jpg

これも一応ウミウシ。。。

さっきまでの3種に比べると人気が全然無い。。


iseebi200630.jpg

大きなイセエビ、抱卵個体でした。



ほかに見られた生物は、
魚類:しつこいヤマブキベラ ハクセイハギペア ツバメウオ ハコフグ幼魚 

ウミウシ類:コンガスリ アデヤカミノ モンコ ミゾレ

甲殻類:キンチャクガニ

きょうで6月も終了…ということで、今年の上半期が終わってしまった。。。

明日から7月、下半期はもう少し‥‥ね。。


八丈島ダイビング アルケロンより

posted by 八丈島 アルケロン at 19:19| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: