2020年02月06日

鯨の声が大き過ぎてマクロに集中不可。。

皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、どんどんどん曇天です。風が強いので東海汽船の就航がちょっと危ぶまれましたが、無事に到着。週末ゲストさんの荷物も続々到着です(ほッ!)。

西よりの風が強いので八重根はどうかな〜とこちらも心配でしたが、多少うねうねでもいいや〜とフル装備で行くと、

思いのほか凪いでました。

やはり西というより北西寄りだからかな。。


200206-ya02.jpg

それにしても、寒い!!

エキジット後に手がジンジンするのは今季初だったかもしれません。

週末はもう少し気温が上がるといいなぁ。。

ついでに雨降らないといいなぁ。。


2020/2/6☁ 八重根 水温18-19℃ 透視度15-20m 気温7.2-10.3℃ 風:西北西→北西(Max18.0m/s)

ドボンと入ると、見た目には現れぬうねりあり。

面は凪ぎですが、ゆらりとしておりました。


そして、かなり手前の時点で聞こえるホエールソング!

よほど近いところにいたのか、沖はジュラシックワールドな感じでした。


あまりに鯨の声が大きいので、ちょっと頭上が気になり、マクロに集中できなかったり…。



benishibori200206.jpg

ベニシボリです。

ブログにはあまり登場しませんが、浅場では沢山見られます。



senakiruri200206-01.jpg

セナキルリスズメダイのちびっこです。

こちらは沖にいっぱいいますが、結構デリケートなのでそ〜〜〜っと。



amakusa200206-01.jpg

ユラユラのアヤニシキに乗っていたアマクサアメフラシ。

穴が開いているところが食痕だと思われます。

美しい取り合わせですね〜。



umiteng200206.jpg

ウミテングも元気ですよ。




ほかに見られた生物は、
アオウミガメいっぱい

魚類:ノドグロベラ幼魚 クマノミ ハタタテハゼ ムロアジ テングダイ

ウミウシ類:アデヤカミノ ホンノリ センテン ゾウゲ タヌキ ヨゾラミドリ


明日は北東の風ですが、今日の北西風が強いのでナズマドは凪ぎきらないでしょうねぇ。



八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 17:17| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: