2019年08月24日

局長でもナポレオン!ハダカハが脱皮!

皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、雨予報もあり、ダイビング出発時に降られたりもしましたが、日中は概ね曇りで持ちこたえてくれました。曇りで風もあったので濡れていると肌寒い感じでした。

おかげで(?)、3本目の底土は海水浴客が少ないため、駐車場も空いていて楽ちんでした。

いよいよ夏も終盤ですね。


190824-kyozomiso02.jpg

曇天の八丈、でも水中は真っ青でキレイですよ〜!


2019/8/24☁ 局長・アオゾミ・底土 水温28-29℃ 透視度30m 気温24.2-28.1℃ 風:西南西(Max13.4m/s)

ドボンと入ると、陸上が涼しかっただけに「温かい!!」

お湯に浸かっているかのような感覚でした!


その水温の影響か、局長でもナポレオン!!

垂土のナポレオンとほぼ同じ大きさでした。

まさか、同じ個体じゃないよね・・・・?



190824-m-01shichisen.jpg

シチセンチョウチョウウオ幼魚です。

右側と左側で模様が違う個体です。


左側は模様が奇形になっております。



190824-m-02kinchaku.jpg

キンチャクガニは抱卵個体から極小、大粒まで様々!



190824-m-03tuno.jpg

見たことのないカラーのヒラムシ。



190824-m-04hadaka.jpg

なにやら苔生したハダカハオコゼを発見。

撮ってもらっていると、突如素早い動き!



190824-m-04hadaka02.jpg

脱皮しました!!

脱皮殻がひらひら。

よく見ると、胸鰭の形が!


そして、脱皮したてのハダカハオコゼは


190824-m-04hadaka03.jpg

つるつるのピカピカになってました!!

フリソデエビの脱皮は見たことあったけど、ハダカハオコゼの脱皮は初めてでした!!


190824-m-05garasu.jpg

星空の下にガラスハゼ。


190824-q-01tenkuro.jpg

テンクロスジギンポがにこり。



190824-q-02renten.jpg

タテキンとレンテン。。



190824-q-03tubame.jpg

ツバメウオも相変わらずウロウロ。



kamisori190824.jpg

カミソリウオはペアになってました。



ほかに見られた生物は、
アオウミガメ少な目。

魚類:ニシキヤッコ子 スミレヤッコ幼魚 ソメワケヤッコ ニザダイ群れ ハタタテハゼ祭り イロブダイ幼魚 ミヤケベラ幼魚 ミヤケテグリ幼魚 アカハタ幼魚 アカハチハゼ ノコギリハギ幼魚&シマキンチャクフグ幼魚

ウミウシ類:ミゾレ キスジ アデヤカミノ コンペイトウ

甲殻類:カゲロウカクレエビ ワライヤドリエビ カクレモエビ モクズショイ モンハナシャコ

明日はゲストさん入れ替え。

ボートで遊ぶ予定です!


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 23:59| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: