2011年02月20日

シミラン:ウェストオブエデン

2011/2/3-2ndDive ウェストオブエデン 水温29.1℃ 

2本目はマクロ! 昨年は60mmでしたので、今回は思い切って105mmです!

まっつぐアケボノハゼに向かい、皆が見ている間、見守っていると「ん?あれハナヒゲじゃない?」

と目に入って来た黒い棒・・・


シミランクルーズツアー


ハナヒゲウツボの幼魚でした!

アケボノしている間にパチリパチリ、でも撮っていると「シュコー、シュコー」と誰かが近寄ってくる音。 呼ぼうとする時は目を反らすのに、美味しいもの食べている時は皆敏感です(笑)

ハナヒゲとチェンジで・・・


シミランクルーズツアー


アケボノハゼってきました。。 ガイドのクマさんの「ハゼはあけぼの」もよろしくです!

しかし、もう一寄り二寄りしたかったものの、背後に迫る別チーム・・・

「砂地のアケボノは引っ込めたら出てきません・・・」が脳裏をよぎり、ギブアップ。。


シミランクルーズツアー


水深あげてると日本でも珍しい、八丈ではまず見れないオウギチョウチョウウオがペアで!

すでにチョウ好きな8koさんがにやにやしながら食らいついてました。


シミランクルーズツアー


もちろん固有種のコラーレBF(バタフライフィッシュ)も!


シミランクルーズツアー


ニザダイのようにいるパウダーブルーサージョンフィッシュ!

105mmなので全体は入りませんが。。

そして、105mmで燃えるのが・・・


シミランクルーズツアー


インディアンフレームバスレット! アカネハナゴイのインド洋バージョンです!

中々撮らせてくれないので、これだけで1本潜ってもいいな〜と思えるほど撮ってて楽しい!

↓こちらもその類↓


シミランクルーズツアー


アンダマンダムゼル!! 

出発前にソラスズメダイで練習しましたが・・・成果は今一つ・・・時間が足りないっすね。

そう、時間のせいに・・・。


シミランクルーズツアー


サンゴの隙間を見るとダンゴオコゼ見たいな・・・でも色が違うような魚が・・・何でしょうね・・。


シミランクルーズツアー


出ました!アンダマン・ミミックファイル・サージョンフィッシュ! 今回撮りたかった魚の一つ!

ハギの仲間で、幼魚時代なのですが、かわいい!!


シミランクルーズツアー


ちなみにこちらはエイブルス・エンゼルフィッシュ!

そっくりです! 

なんでこんなに似ているか知りたい方は・・・・来年のツアーにご参加くださいね〜!!

あ!ほかにも見られた生物は、キンメモドキいっぱい ヨスジフエダイ群れ アカヒメジ&ノコギリダイ混合群 ジュエルバスレット カノコイセエビ インドミスジBFなどなど。

南ならでは!ウミガメもタイマイです!!
posted by 八丈島 アルケロン at 20:00| Comment(0) | 2011年海外ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: