2010年10月29日

スミランクルーズの目玉、リチュリューロックへ!

さて、まずは台風情報。まぁTVでも盛んにやっている通り最接近は明日の昼から夕方あたりですね。このコースだと北東の風から通過とともに南西の吹き返しにかわる八丈島。通過スピードがプラスされた風が吹くので怖いコースです。

今日のところは底土はそれなりの時化、西側はうねりも来てますが、北東の風が強風すぎてうねりが抑えられ爆発には至らず。それでも横間海岸にはイイうねりが届いております。 明日は流石にすごいかもですが、缶詰が無難かな?


タイ スミランクルーズ


さぁ昨日に引き続きタイ国スミランクルーズの画像です。スミランクルーズとはいうもののスミラン諸島以外も潜ります。昨日のコ・ボンもそうですが、コ・タチャイ、そしてなんといっても

リチュリューロック!! このポイントはマジすごいっす! ほとんど反則です。 小物・魚影・大物なんでもありです。でっかい岩なんですけどね・・・・あの魚類相はなんなんでしょう?

アルケロンのゲストさんはニシキフウライウオ見てたら背後からジンベエザメが現れた〜って方もいます。。

とは言いつつもまずは、昨日ナイトで潜ったコ・タチャイからです。早朝なのでちょっと暗めですが、それだけに大物にも期待が!


タイ スミランクルーズ


太陽より早く起きるのがツアーでのアルケロン流。 サンライズは絶好の被写体。TOP画像のような思い切りワイドでゆがませるもよし、ゲストさん入れてもよしですね!

思い出写真〜♪ ちょっとやらせが過ぎたかな?


タイ スミランクルーズ


さぁ飛び込むとそこは黄色い川! イエローダッシュフュージュラーやらイエローバックやらタカサゴの仲間が、ぶわぁぁぁぁ〜っと群れてます!


タイ スミランクルーズ


ボート下にはキンセンフエダイの群れが! うむ、去年と一緒だ! 写っているダイバーはテクニカルダイビングチームでタンク4本ついてます。

背中のダブルタンクにナイトロックス36%、サイドには80%と100%・・・どんだけやねん。。 ちなみにすべて14lですから・・・どんだけやねん・・・ちなみに30m以深にはトラフザメが数匹いたそうな・・・ズルイ。


タイ スミランクルーズ


と、バラクーダあぁぁぁっぁ!!


タイ スミランクルーズ


ぬぉぉっぉ〜〜!! フィッシュアイなのでかなり接近戦なのですが、画像にするとこの程度。。

エアがガバガバ減る早朝ダイビング終了、朝食とりながら移動でいよいよリチュリューロックです!


タイ スミランクルーズ


リチュリューは、相変わらず魚の壁でした。。 キンセンフエダイの壁壁壁。。

一番左の水色と黄色のツートンカラーは別種ですよ。


タイ スミランクルーズ


まぁすごいもんですね。。 この魚群だけで一体何枚撮ったか・・・。



タイ スミランクルーズ


ホソヒラアジでしょうか? ちょこちょこシルバーの群れも通過しますが、頻繁すぎてガイドも指しません。。慣れないこっちは大忙しですよ・・。

そしておぼえているもんですね、たしかこの岩のこの辺に・・・ってとこで


タイ スミランクルーズ


トマトアネモネフィッシュのコロニー! ワイド版です!


タイ スミランクルーズ


ちょっと深場には、イットウダイの群れがイイ形の玉に。

近くには種類が違う深場のバラクーダ・・・ピックハンドルバラクーダだったけ?が大量にいましたが、深い上に遠い。。


タイ スミランクルーズ


ユカタハタも絵になりますね〜コーラルと一緒にパチリ!


タイ スミランクルーズ


日本でTheクマノミ、こちらのインディアンアネモネフィッシュ!


タイ スミランクルーズ


でも、やっぱりトマトアネモネフィッシュがいいですね! 

トマトはここならではでっしょ〜! 


タイ スミランクルーズ


え〜〜っとニシキフウライウオが4匹でまとまっているんですけど・・・・ありえない・・。

もちろん自然現象、やらせではありませんよ。

ただ、4匹いるとどうとっていいやら・・・。


タイ スミランクルーズ


そしてタイガーテールシーホース! しかも幼魚!

タツの尾部がトラ柄という粋な奴!

・・・・尾部が写ってないんですけど・・・。

小さいことは気にしない〜それタイガータイガー!


タイ スミランクルーズ


ランチ後は、クルーズ全ゲストさんで記念撮影! 

船に乗ったら国境は無用!今回も色んな国からのゲストさんが乗ってましたよ!


タイ スミランクルーズ


夕方のリチュリューは、再度ワイドで!ソフトコーラルがありすぎて、これじゃイソコンペイトウガニがどこか覚えられないですね。

ちなみにナイトやった時は、イソバナガニはたっくさんいましたよ!


タイ スミランクルーズ


キンセンフエダイも捕食者におびえる時間でイイまとまり!


タイ スミランクルーズ


下からソフトコーラル 、ユカタハタ、コラーレBF、魚群・・もうわけわかりませんね。


タイ スミランクルーズ


そしてやはりこの構図があちこちで見られます。


タイ スミランクルーズ


フソフエダイも群れ群れ、夜に備えた感じに。。


タイ スミランクルーズ


安全停止に向かう途中と停止中はず〜〜っとバラクーダを追いかけっこ!

またもエアの消費がたまりませんねぇ。。

ほかにもフリソデエビやらワヌケヤッコの幼魚やら色々と見られていますよ、ただ全然撮る時間がないだけで・・・・もうこのポイントだけ一か月まるまる潜ってみたいですね! 


タイ スミランクルーズ


夕日とクマさんのシャワー! 

大満足でリチュルーを後にします、明日はコ・ボンでもう一度マンタと空中戦ですぞ!
posted by 八丈島 アルケロン at 23:10| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: