2005年12月28日

八重根

yaene.jpg



八重根


 こちらも雑誌でおなじみのポイントで、ダイバーが十人ぐらい並んで通れるような大きなアーチとクマノミの大コロニーが紹介されている!確かに「八重根」と書くほど根が入り組んでいて地形が複雑。根をショートカットして行くと、−4mから一気にー18mまで落ちるドロップオフが大きな口をあけたケーブになっている。冬場は大きなクエが根付いたりホシエイが入っていることがある。 沖の広大な砂地も時化後に綺麗なリップルマークがついたりするとなかなか見応えあり。  

hurisode.jpg


 しかしながらアルケロンでは八重根とくればやはりマクロが真骨頂であり、フリソデエビをはじめとする人気の甲殻類や、貝殻つきウミウシ、イザリウオの仲間などが出現するほか幼魚も多い! 流れがほとんどないため、のんびり潜りたいマクロ派・カメラ派ダイバーからの支持は圧倒的である。

otohime2.jpg


 年間で一番多く潜るポイントだがカメは多い。南・南西の風には弱いが、西に長く伸びた堤防の恩恵でそこそこの時化には強い。エントリーはロープを用いた方法なのでブリーフィングはしっかりと聞いてほしいところ。水深は最大で20m、平均で12mぐらいで流れもほとんどなくビギナーにも優しいポイントである。 トイレは遠い。
posted by 八丈島 アルケロン at 02:38| 東京 ☀| Comment(0) | ダイビングポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: