2005年12月28日

底土

sokodo.jpg



底土


 何と言っても見所は大きな三つ又アーチ!三つ又アーチと言っても、太い支柱があるので実際には穴は四ヶ所あるのでワイドでは色んな構図が考えられる。。またアーチ内は魚影が濃く、テングダイやサザナミヤッコ・タテジマキンチャクダイなども見られる。 アーチ周辺のくぼみではカメが寝ていることも多い。

 このポイントは北東を向いているため南西の風が吹く夏に潜ることが多く、凪の日が続くため、季節来遊魚や幼魚が安定し一気にマクロ天国と化す。つぼにはまったときの底土は無敵で「今の底土はナズマドよりも面白い!」という台詞もでるのも事実。 人気のキンチャクガニが容易く見られるのもこのポイントの特徴。

 またあまり行かないコースではあるが、勝手に「コーラルガーデン」とよんでいる場所には、ミドリイシ系のテーブルサンゴやキャベツサンゴが元気よく育っていて、白い砂地もあり、沖縄チックな癒しの場所もある。興味のある方はリクエストを!

sedakaginpoyg.jpg

 年間で二番目に多く潜るポイントだけあって、それほど流れることもなく、水深も最大で18m、平均も10mほどで、見所のアーチまでも適度な距離でやさしいポイントである。エントリーも階段からだが、タンクを背負って歩く距離が100mほどある・・・・これがなければ・・・・というゲストの声は後を絶たない。。 トイレやシャワー施設は駐車場に近く便利近くに自販機もある。
posted by 八丈島 アルケロン at 02:31| 東京 ☀| Comment(0) | ダイビングポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: