2005年12月28日

乙千代ヶ浜・左

ochohidari.jpg


 
乙千代ヶ浜・左
  主要ビーチポイントでアーチがないのもここぐらいかな?しかし沖まで泳ぐと−40mまで落ち込むドロップオフは見応えあり。透視度が良いとドロップから離れ根が見え、その形状は尖がっていてやはり−40mから−20mまでそびえたっていて壮観である!

 また棚上の地形も特徴的で鍾乳洞にあるようなつららをひっくり返したような感じで剣状の岩が海面に向かって無数にそびえている。 年間通じてもあまり入ることのないポイントだが潮により魚影濃し、はまる人にははまるポイント。是非もう一度という方も多い。ダイナミックといった点においてはナズマドにせまるものがあるだろう。

 だが、マクロがいまいち弱いような気がするが・・・単に調査不足なのかもしれない。。変り種でアオスジモンガラなどが見られる。

 エントリーは手すりにつかまってスロープを下る感じ。海況に応じてロープも設置する。水深は最大で−24mぐらいまでいくことがあるが、三本目に行くことが多いので大体は−15mぐらい。比較的やさしいポイントだが時に流れるので要注意。。

 シャワー・トイレなども近い上、帰りに温泉!というのがまた魅力である!
posted by 八丈島 アルケロン at 02:07| 東京 ☀| Comment(0) | ダイビングポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: