2020年07月02日

底土はソコドウミコチョウがいっぱいです!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

ご予約・ご来島の前に、ご面倒でもご一読いただきますようお願い申し上げます。


@新型コロナウイルス感染症に関する営業再開後の取り組み.docx.pdf


A当店をご利用いただく皆さまへ.docx.pdf


B共用サービスのご利用方法.docx.pdf


皆さまへは大変ご不便をおかけ致します。

また、上記以外にも現地にて細かい指示をさせて頂くかと思いますが、どうぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


ダイビング中は今までと同様に、ご案内させていただきます。


皆様にお会いできる日を楽しみにしております。


八丈島ダイビング アルケロンより

皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、相も変わらず南西の風。午前中は雨で一時土砂降りでした。 午後からは雨が上がり、時々青空も見えてました。

それよりも、本日の東京の新規感染者数が107人…。。

これはまた…今月も危ういですね。。


200702-so02.jpg

今日も絶賛工事中。

遅めに出かけましたが、まだまだ工事中。

潜る前に船移動をし始めてたので、この後だろうとなぁと思ってたら、

やはり潜っている間に工事終了のメールが来てました。

もちろんフライングは出来ないので、おとなしく手前でマクロです。

2020/7/2☔のち⛅ 底土 水温25℃ 透視度15m 気温22.9-26.3℃ 風:(Max19.0m/s)

ドボンと入ると、工事側でないところからの潮が入ってきたのか、表層は真っ青な水!

いやぁ夏の八丈ブルーの片鱗が感じられた瞬間でした。


そんな青い水ではなく、地べたでマクロ!


senjumino200702-01.jpg

センジュミノウミウシをカッコいい感じにパチリ。


ryuuguu200702-01.jpg

リュウグウウミウシです。

触角の淡いブルーがキレイ!


nishikitsubame200702-01.jpg

ニシキツバメガイです。

ツバメガイの由来の燕尾が長くてキレイ。

左右で長さが違うのもポイントですね。



kiiroumiko200702-01.jpg

キイロウミコチョウです。

ウミコチョウが爆発している感じの底土ですが、

昨日のログにあげたソコドウミコチョウがやたらと多かったです。

明日は風が落ち着く予報、久しぶりに八重根に潜れるかもしれません!


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 17:50| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする