2020年07月31日

7月ラストは夏らしいナズマドで!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ


皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、とってもいい天気!梅雨明けの空、すなわち本格的な夏到来!という感じです。

台風のような大物も今のところないですし。

あとはコロナさえ…というところですがねぇ。。


200731-na02.jpg

海はこんな感じです!

たまらない風景になってきましたよ!

2020/7/31☀ ナズマド 水温26℃ 透視度30m 気温24.4-30.0℃ 風:南南西(Max7.7m/s)

ドボンと入ると、今日は潮なしスタート。

水温もちょこっとサーモクラインがあり、さっきまで冷たかった雰囲気がありますが…

なにやらあっという間に南潮が入ってきて、あっという間に激流となりました。

そして、今日は久しぶりに一眼レフを持ち出して撮影してきましたよ〜!

ん〜、目がついていかない。。


shiroboshi200731.jpg

シロボシスズメダイ幼魚です。

眼がまん丸真っ黒でかわいい!


kashiwa200731.jpg

カシワハナダイの♂です。

尾びれも伸びてかっちょい〜!


umitakehaze200731.jpg

ウミタケハゼの仲間です。

ベージュのカイメンについていて勝手に明るく撮れます。


pegasusu200731.jpg

めっちゃ小さい!!

ペガススか?オオメちゃんか?

とにかく小さい!


umiushi200731.jpg

もこもこ?ぽさぽさ?なんとも表現しがたいウミウシ。

クチワツガルウミウシ??


そういえば見慣れぬカメがいるな〜と思ったら、甲羅に小さな小さなコバンザメが2匹!

激流に乗ってやってきたのかな?

ダイバー慣れしてないので全然寄れず、すっ飛んで逃げていきました。


ほかに見られた生物は、
魚類:ハタタテハゼ ブダイベラ幼魚 ミヤケベラ幼魚 ヒレナガカンパチ タカベ群れ トサヤッコなどなど

ウミウシ類:ダイアナ モンジャ モザイクなど

甲殻類:ロボコン オルトマンワラエビ イソバナカクレエビ


明日は島民さんのガイド!


どちらの島民さんかは明日のログで!


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 23:59| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

潮も緩んでのんびりナズマドでした!

ご案内:8/1絡みの今週末、めっちゃ空いています。今年は混んでないところを選んで潜りにいらしてくださいね!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、なんとも風が弱い日! 最大瞬間が5mとはこんな日は八丈ではかなり稀! ナズマドも一気に凪ぎて良いコンディションになりました! アルケロンは相変わらずゲストさんがいないので、のんびりと午後から出張ってきましたよ!


200730-na02.jpg

ん〜!! 梅雨明けっぽい雰囲気!(今年何度目??)


2020/7/30☀ ナズマド 水温26℃ 透視度30m 気温24.0-28.6℃ 風:北東(Max5.7m/s)

ドボンと入る前に、水温22℃だったよ…という恐ろしい情報が。。。

しかしその時は北潮だったらしいので、今は南潮激流。

それならきっと水温も変わっているでしょう…って南潮激流も嫌だ…。


まぁ馬の背の影で遊ぼう・・・とゆるりと沖へ向かうと20分後ぐらいには潮が緩んで潮どまりとなりました。


水温も26℃以上あったし問題なしです。


anamori200730.jpg

ロボコンことアナモリチュウコシオリエビ。

改めて見るとすごいカラーリングですね。


torahu200730.jpg

トラフケボリダカラガイです。

トラっぽさが半端ない。


nokogiri200730.jpg

ノコギリハギの幼魚は色々な生物につきますが、このガヤにもつくとは。。。


shimohuri200730.jpg

巨大なシモフリカメサンウミウシ。


ほかに見られた生物は、
魚類:ヒレナガカンパチ ソメワケヤッコ子 スミレヤッコっ子 マダラタルミ幼魚 ガラスハゼ アカハチ 

ウミウシ類:ダイアナ キスジ パナポ ユビ ゾウゲ アデヤカ 

甲殻類:オルトマンワラエビ イソバナカクレエビ

明日も風が弱い予報。

ナズマド日和が続くかな?


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 21:29| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

八重根でのんびりネタ探し。

ご案内:8/1絡みの今週末、めっちゃ空いています。今年は混んでないところを選んで潜りにいらしてくださいね!


ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、微妙にどんより天気。風は弱めの西ですが、午後には北東になっていました。

それでも昨夜あたりから南西の風が結構吹いたせいか、西側の海岸線はうねりで白波がたっぷりでした。


200729-ya02.jpg

ナズマドは無理ですが、八重根はOK.

のんびりと回ってきました。


2020/7/29⛅ 八重根 水温27-28℃ 透視度20m 気温27.0-30.0℃ 風:西→北東(Max14.9m/s)

ドボンと入ると、温い海。

今日は、エントリー前にガイド仲間からネタ情報をいただいたので、それを探してみましたが。。

いかんせん探すものに対して範囲が広過ぎ…断念。。

もう少し、場所を絞ってからリトライせねば、、





ニザダイ群れがモリモリです。

夏サイズのムロアジ、いわゆる小ムロもパラパラと泳いでました。


昨日確認したアオリイカの卵を見に行くとさらになくなっており、、、

やはりアオウミガメに食われているのか…。。

風はこのまま弱めの北東の風。

明日はナズマドが凪ぎるかな?


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 16:52| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

まったり八重根、巨大マダラトビエイも登場!

ご案内:8/1絡みの今週末、めっちゃ空いています。今年は混んでないところを選んで潜りにいらしてくださいね!


緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ


皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、南西の風がしたたかに吹き、ナズマドはちょいバシャバシャ。。八重根は普通に凪ぎでした。

風裏の底土はもちろんべた凪ぎです。


200728-ya02.jpg

ガイドなしの今日は午後からゆっくり出陣。

のんびり八重根でした。


2020/7/28⛅ 八重根 水温27-28℃ 透視度20-30m 気温26.6-30.6℃ 風:南西(Max13.9m/s)

ドボンと入ると、あったかい!

こちらも28℃あります。

しかし、先週木曜のガイド中にゲストさんが大きなアオリイカと卵を見たというので見に行くと!


ikaegg200728.jpg

ありました!

まだ乳白色の新しい卵。

たしかにこれは最近産みつけられたものです。

ゲストさん曰く、かなり大きな卵塊だったということですが、今日見ると数本のみ。

おそらくはまたアオウミガメの仕業でしょう。。。

食べやがったな…。

ウミガメが捕食に来なければ、引き続き有無と思うのですが。。。


kumanomi200728.jpg

クマノミ幼魚です。

2個体になってました!


hadakaha200728.jpg

ハダカハオコゼです。

周囲は海藻が溶けてドロドロです。


isobana200728.jpg

イソバナカクレエビです。

八重根にも入ってますよ!


arari200728.jpg

奇形?怪我? アラリウミウシです。


kabira200728.jpg

カビラノツユです。

水深1mぐらい。。


お!久しぶりに登場!


shirahige.jpg

○○○○○○です。

え?見つからない?

探し物はなんですか?

思わず探しちゃった人、いるんじゃないですか?

見つかりましたか?


shirahige200728-02.jpg

シラヒゲウニです。

久しぶりの登場です。


え?エビ?いませんでしたよ。。


マガタマエビなんてついてませんでしたよ〜。

残念!


そうそう!沖では大きな大きなマダラトビエイが登場!!

すごいスピードで泳いできたときは一瞬マンタかと思った。。

それにしても流石はトビエイ。

いつものマダラエイと違って早いのなんの。

全然撮れませんでした、、


明日は西風、八重根日和となりそうです。


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 23:59| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

ちょいバシャナズマド、北潮も激流です!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ


皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、ちょっと弱くなった南西の風と、いい天気! お帰りのゲストさんがいましたが、これならANAも問題なしでしょ〜と思ってたら「強風と西之島噴煙の影響で引き返しの可能性」との文言が。。

噴煙?

西之島?

かなり遠いけどそんなことがあるのか…とちょっと心配しましたが、普通に就航。

お帰りになられました、ご利用ありがとうございました。


200727-na02.jpg

午前はのんびりし、午後からナズマドへ!

某社長さんから「べた凪ぎ〜」と聞いていきましたが、結構パシャパシャ。。

ま、私一人なので問題なしでドボン。

2020/7/27☀のち⛅ ナズマド 水温28℃ 透視度30m 気温26.7-30.2℃ 風:南西(Max10.3m/s)

ドボンと入ると、ナズマドも温かい!

そして…北潮激流!!!

久しぶりに激流の中に突っ込むと、ツムブリの群れやカンパチが現れ、

着底していると、ナメモンガラが大集合!





ゴープロ発動!

島名「トミメ」のナメモンガラです。

いや〜、夏の雰囲気ですね!

明日も天気が良さそうです。

そうそう、今週末8/1はガラガラです。

空いているのでおすすめですよ。


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 20:54| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

梅雨明け?夏の八丈到来で気温も30℃オーバー!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、未明の雷と大雨から始まりました。

朝には雨もやみ青空に。

そして…日中はドンドン暑くなってついに30℃超え!

ついに梅雨明けな感じでした!


200726-kyomeide02.jpg

空も青さ増し増し。

海も青さ増し増しでした!


2020/7/26☀ 局長・メットウ・イデサリ 水温27-8℃ 透視度30m以上 気温23.3-30.2℃ 風:南西(Max12.3m/s)

ドボンと入ると、ツムブリの群れのお出迎え。

今日はゲストさん入れ替わってガッツリマクロで3本潜ってきましたよ!

お泊りも別なので、いただき画像も全くなし。




マクロ後の安全停止はこんな感じでした!


ほかに見られた生物は、
魚類:ハチジョウタツ ミヤケテグリ幼魚 ミヤケベラ幼魚 イロブダイ幼魚 ユウゼン ノコギリハギっ子 ヒレボシミノカサゴ

ウミウシ類:シモフリカメサン アデヤカミノ サラサ ゾウゲ キスジカンテン ミスジアオ モザイク タオヤメミノ

甲殻類:ロボコン カゲロウカクレエビ イソバナカクレエビ 

明日は南西の風が弱まります。

ナズマド日和かもしれません!

が!本日で連休ゲストさんが全て終了。

ご利用ありがとうございました!!

明日のナズマドは私がありがたく遊ばせていただきまっす(笑)


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 21:31| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

東側ボートが絶好調で28℃越え!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ


皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、超不安定な天気。。日中は晴れ間もありとってもいい天気! しかし夕方と、何よりも一本目の準備をしようという時間帯に雷鳴轟く大雨が!

いやいやいや、雨は我慢できるけど雷は無理っす。

かわせないっす。。

と、様子見ながらのスタートでした。


200725-kyomeide02.jpg

一本目に上がる頃にもこんな感じで、曇天でした。

お昼からは太陽燦々で日焼けを楽しむお客様もいましたよ!

よく焼けてましたね〜!


2020/7/25⛅たり☀たり一時☔⚡ 局長・メットウ・イデサリ 水温26-28℃ 透視度30m 気温℃ 風:(Maxm/s)

ドボンと入ると、海は青し!

そして水温もぐっと上がって28℃の場所もありました!!

最近は画像データもいただきにくいので、ゴープロでちょろっと撮ったものを。


200725-blog03.jpg

ボートのアオウミガメも慣れっこに。

モシャモシャと海藻を食んでました。


200724-tigar02.jpg

虎好きのゲストさんがいたので、トラウツボを紹介!


200724-tigar03.jpg

ロゴの虎、左に虎ウツボ。

それを撮っているカメラのモニターがマスクに映っているところ。

ガイド中に撮ったのでちょっと不甲斐ない画像ですが、、、



200725-blog02.jpg

おめでとうございます!

記念ダイブも厳かに執り行われました。

せっかくなので載せさせてくださいね!

眼鏡チームは概ねマクロ。

朋チームはマクロも見つつ、根の先端まで行ったりと地形も楽しんだようです!


ほかに見られた生物は、
アオウミガメいっぱい

魚類:ハチジョウタツ ノコギリハギっこ ミヤケベラ幼魚 イロブダイ幼魚 ハナミノカサゴ幼魚 ハタタテハゼ スミレヤッコ カンパチ トサヤッコ ユウゼン 

ウミウシ類:モザイク シモフリカメサン アデヤカミノ ミゾレ キスジカンテン コンペイト コナユキツバメガイ シボリイロ ダイアナ シロタエイロ

甲殻類:イソバナカクレエビ イソバナガニ ロボコン キンチャクガニ


一昨日からの連休ゲストさんは今日が最終日。

ご利用ありがとうございました!

明日は入れ替わってファンダイビング。

南西の風なので、東側ボートに行ってきます!


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 23:59| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

東側ボートがグッドコンディション!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ


皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、南西の風がちょっと弱まる予報でしたが、本当にちょっとしか収まらず。。。

ナズマドも微妙にバシャバシャあり。。

ということで、東側2ボート、その後1本ナズマドに潜ってきました。


200724-idekyon02.jpg

朝一本目はこんな天気でしたが、昼にはいい天気になってましたよ!

ちょっと前まで雨予報だったので、とってもお得な気分でした!

2020/7/24☀ イデサリ・局長・ナズマド 水温24-26℃ 透視度20-30m 気温26.1-29.9℃ 風:南西(Max10.8m/s)

ドボンと入ると、今日もあったかい水温!

いつもよりちょっと薄着の夏スーツで潜りました!




イデサリではマダラエイが最大5枚!!

わっさわさと旋回してました。




局長ではツバメウオ!

安全停止も楽しませてくれます。

ほかには小物祭り!

ほかに見られた生物は、
魚類:ジャパピグ見 ツムブリ ユウゼン レンテンヤッコ ナメモンガラ キビレマツカサ ハタタテハゼなどなど

ウミウシ類:イボヤギミノ タヌキ ミスジアオイロ ミカド 雪解け改めナシジ ヨセナミなどなど 

甲殻類:極小フリソデエビ 放卵キンチャクガニ カゲロウカクレエビ イソバナカクレエビ オルトマンワラエビ

明日も南西の風。

東側ボートダイビング絡みがベストですね!


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 23:09| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

連休スタート!のんびりと八重根&底土!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、朝の内は穏やかな風、これはナズマドも行けそう!八重根は問題なし! 底土も問題なし! ということで、上々の連休初日となりました。

ま、ナズマドはその後、波が出てきたので結局行けず。


200723-ya02.jpg

八重根と底土でのんびりです!

画像はまだ朝の八重根なので、ちょっと暗い…日中はもっと明るく、ダイバーも沢山でした!


2020/7/23⛅ 八重八重底土 水温24-26℃ 透視度15-25m 気温26.2-28.7℃ 風:南西(Max11.8m/s)

ドボンと入ると、ほっとする水温。

陸上が暑いのでウェットに染み込む水も気持ちいいです。


八重根はアーチやクマノミ方面と別れて2本。

底土はアーチまで行って遊んできました!


ログはストック画像でお届けします。


kumanomi190612-01.jpg

クマノミ幼魚です。


irobudai181213.jpg

イロブダイ幼魚も元気!

1.3.4号は確認しましたが、2号はどこへ??


umiteng180925.jpg

そして爪サイズのウミテング!


umiteng180925-02.jpg

かわいかった〜!!


ほかに見られた生物は、
アオウミガメ!

魚類:卵守るナメモンガラ 卵守るセダカスズメダイ イロブダイ幼魚 大きなマダラエイ ヤッコエイ クマノミ幼魚 ハコフグ幼魚 極小ウミテング!! ムロアジ群れ

ウミウシ類:ダンボウミコチョウ テントウウミウシ ケラマミノ ゾウゲ ミゾレ シモフリカメサン ダイアナ ホンノリ モンコ 

甲殻類:イソギンチャクエビ

そして、ゲストさんがあるものを発見してきたらしい!

それは全く意識してなかった…。

次回見に行ってみよう!

明日はナズマド希望!!

ナズマドどうでしょう?

八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 21:07| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

今日も素晴らしきダイビング日和!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、爽やかな晴れ! 風穏やか! めっちゃダイビング日和です。

もったいない!といつも通り書くとこですが、もったいないと言ってるのはうちだけかも。。

他の各ショップさんは忙しそうに動いてました(笑)


200722-ya02.jpg

いや〜いい凪ぎです!

連休も頼みますよっ!

2020/7/22☀ 八重根 水温24-25℃ 透視度20m 気温23.6-28.9℃ 風:南西(Max8.7m/s)

ドボンと入ると、昨日よりちょっと水温アップ。

ナズマドも凪ぎですが、八重根のネタがかなり厳しいので、細かにチェックしてきました。。


hoshizora200722.jpg

ホシゾラウミウシです。

鎌首あげてポージング。



nisetenten200722.jpg

テンテンかと思いきや、テンテンじゃなかった。。。


enbinoalda200722.jpg

今日一ヒットはエンビノアルダガイ。

動きが早いウミウシです。


nagisa200722.jpg

ナギノサノツユです。

そういえば、今年初めて画像載せたかも。。

こちらは全く動きません。

しかし、場所が浅すぎ。。


shimakin200722.jpg

シマキンチャクフグ幼魚です。

ゴロタの隙間を行ったり来たり。

撮影泣かせですね。


明日は南西の風の予報ですが、見る度に予報が弱くなってきているので、スタートはまずまずの海況かもしれません!


陸上マスク&水中マスク!

陸上換気&水中歓喜!

手指アルコール多め、夜のアルコール控え目!

連休も楽しく潜りましょう!


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 22:39| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月21日

連休前々日にべた凪ぎダイビング日和。。

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、なんだかいい天気。。出た…これ連休にとっておけよ…。

今日の八丈島は、なんだか風弱し。。出た…これ連休にとっておけよ…。

今日の八丈島は、なんだかナズマド日和。。出た…これ連休にとっておけよ…。



200721-yana02.jpg

というわけで、連休中に潜れるかどうかわかりませんが、西側ビーチをスタッフ総出で調査してきました。

どうかどうか、潜れますように。

2020/7/21☀ 八重・ナズ 水温24-26℃ 透視度20-30m 気温23.6-28.7℃ 風:北東(Max7.7m/s)

ドボンと入ると、浅場は26℃以上。

沖の冷たいところが24℃ぐらいでした。

24℃あればよいはずなのに、26℃からの24は冷水。。

ヒンヤリタイムです。

大潮で潮が動いている影響もあるのでしょうね。


orautan200721.jpg

オランウータンクラブもフードかぶっているみたい。


neon200721.jpg

ネオンモウミウシです。

八重根でもたまに見られます。


yukidama200721.jpg

ユキダマウミウシの小さい個体。

しかし、画像では全然伝わらず。


yosenami200721.jpg

ヨセナミウミウシです。

カイメンを食べているらしく、食痕が目立ちました。



hanamino200721.jpg

おかみはハナミノちびっこをゲットしておりました。


ほかに見られた生物は、
魚類:ハコフグ幼魚 カンムリベラ幼魚 ツユベラ幼魚 ムロアジ群れを追うヒラマサ ツバメウオ

ウミウシ類:シモフリカメサン シロタエイロ コンガスリ ゾウゲ キャラメル モザイク キスジ ミカド アデヤカミノ アデヤカイボなどなど

明日もまだ弱い南西。

出るのか、明日までナズマド。。。

八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 23:59| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

ボートポイント調査ダイブ!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ


皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、暑い一日となりました。雨も一休みで雲は多いものの日差しが射す時間帯もありました。ようやく器材も乾きかけ。。それでも中々カラッといかないところが難しい。。

海も南西の風で北東側が穏やかに。


200720-kyoide02.jpg

今日もご近所ショップさんにお誘いいただいたので、乗り合いさせていただき調査ダイブしてきました。

って、もちろん赤間船長ありきですが(笑)。。


2020/7/20⛅ 局長・イデサリ 水温26-27℃ 透視度30m 気温25.4-28.6℃ 風:西南西〜南西(Max11.8m/s)

ドボンと入る前に、今日は水の色がちょっと濃い目。

これはもしやと思うとやはり水温上昇!

潮が昨日とは変わったようです。

おかげさまでイルカは全く姿を見せず。。

ま、マクロに集中して調査してきました。


hanahaige200720.jpg

今年も出てました!ハナヒゲウツボ!!

しかも2個体!

確認しておいて良かった〜!


isobana200720.jpg

イソバナカクレエビも出始めてます。

場所によっては鈴なりです!


kagerou200720.jpg

カゲロウカクレエビも出てます。

高水温の時期は甲殻類が増えますからね!


himemenko200720.jpg

ヒメメンコヒシガニです。

全く伝わらないでしょうけど、いつもより小さい個体。

かわいかった!!


hiodoshiyubi200720.jpg

ヒオドシユビウミウシです。

二次鰓? いつもはあまり見ないモシャモシャが!


ほかに見られた生物は、
魚類:ヒレナガカンパチ ツバメウオ ユウゼン キビレマツカサ ナメモンガラ ハチジョウタツ ミヤケベラ幼魚

ウミウシ類:ミスジ ミゾレ 

甲殻類:キンチャクガニ

というわけで、ボートポイント強化してきました。

船長にも「やる気満々のカンパチいましたよ」と報告。

人間魚探ですからね(笑)

ダイビング終了後、カンパチを釣りにいったそうな。。

そして釣れたそうな。。


明日は弱い北東の風、ナズマドや八重根が潜れる海況かもしれません。

あ、八重根は今日も潜れたようです。。


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 21:14| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月19日

まさかの二日連続でイルカ登場!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、朝方は曇り、ANAもあっさり就航でゲストさんは無事に帰路につきました。ご利用ありがとうございました。

アルケロンはこれでゲスト無しですが、ボートが出るというのでボートポイント調査に!


200719-tare02.jpg

しかし!なんだか風向きが変わって海況が!!

雨も相まってこんな景色になってしまいました。


2020/7/19☔☔☔ 垂土 水温℃ 透視度m 気温℃ 風:(Maxm/s)

しかし!!!

ドボンと入ると!!!


iruka200719-01-s.jpg

イルカのお出迎え!!




スクーバ中にも関わらず、こんなに遊んでくれました。。

き、昨日もこれだったら…と思わずにはいられませんが…。

垂土は今季初!

幼魚天国になっているかな?とリサーチしましたが、まだ爆発前か。。


miyake200719.jpg

それでもミヤケテグリ幼魚がいたり、

スミツキベラ幼魚は沢山。

コガネキュウセン幼魚。

名も無き(ホントはある)ブダイっ子やベラッ子。


hadaka200719.jpg

ハダカハオコゼは1個体確認。

昨年はハダカハのなる岩に3個体いたのですが、そこは丸裸に。。


daiana200719.jpg

ダイアナウミウシがにっこりと。


ほかに見られた生物は、
魚類:アマミスズメ大群 キホシスズメダイ大群 ユウゼン テングダイ ツバメウオなどなど

波も多少あるので、一番で浮上して船長のお手伝い。

結構バシャバシャしてたので、1本で中止となりました。。


明日は西風ですがボートかもしれません。


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 19:51| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月18日

ボートダイビングの道中、ドルフィンスイム!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、曇り時々豪雨、そして南西の風が強い一日でした。特に午前中はビュービュー吹いていて、なんとANA1便欠航。。。これすなわち全便欠航。。。 お帰りのゲストさんがいたので、危ういかと空港へ朋子が向かい、欠航するや否や、東海汽船へダッシュ!!!

間に合わないかと思いましたが、東海汽船に乗り込み、無事にお帰りになられました。

ご利用ありがとうございました。

一方そのころ、眼鏡と滞在ゲストさんはボートダイビングへ!

一本目のポイントへの道中、とっても素敵な出会いがありました!!


200718-kyozomiso02.jpg

こちらは2本目の道中。

エントリー前なので、流石に陸マスクは装着してません。。


2020/7/18☁たり☔たり 局長・アオゾミ・底土 水温24-25℃ 透視度30m 気温23.4-27.5℃ 風:南西(Max17.0m/s)

ドボンと入ると…の前に、

ボートのアッパーデッキから船長が「イルカじゃねぇか!?」

見ると、見事にイルカが数頭!

泳いでもOKということで、スキンダイビングの準備!

弊社ゲストさんにも促すと、船の上から見ているとのこと。。


もう1チームは泳ぐというので、私もちゃぽん。




ゴープロ積んでてよかった!

ちょっと長いし、揺れもありますが、八丈島でのドルフィンスイムをどうぞ!

合計6頭のイルカ、うち1頭が子供イルカ!

かわい〜!!

すぐ近くの親イルカはニザダイをくわえていて、なにやら妙の動きを。。

11か月ぶりのドルフィンスイムでした!


赤間船長もありがとうございました。


ほかに見られた生物は、
魚類:ジャパピグミー イロブダイ幼魚 ミヤケベラ幼魚 コガネキュウセン幼魚 スミツキベラ幼魚 キビレマツカサ ヒレナガカンパチ マダラエイ ニザダイ群れ ハナゴイ群れ トサヤッコ

ウミウシ類:ミゾレ ダイアナ ダンボウミコチョウ ゴマフビロード シロミノ

甲殻類:イセエビ



八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 22:40| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月17日

南西の風は2ボート+底土がおすすめ!!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、朝から大雨の予報だったので飛行機の就航が心配でしたが、予報は良い方に外れ、雨降らず。

風はそれなりに吹いてましたが、ANAは無事に就航!

ず〜〜〜っと自粛にて延期されてたゲストさんが満を持してご来店。

「Withコロナ」での新たなダイビング宿泊スタイル〜感染防止対策〜で楽しんでいただきました。

これからいらっしゃる皆様、今一度上記リンクの取り組みをご確認くださいますようお願いします。


200717-kyoideso03.jpg

分厚い雲ですが、予報が大雨だっただけに、これなら晴れたも同然です!



2020/7/17☁ 局長・イデサリ・底土 水温24-25℃ 透視度20-30m 気温24.1-26.5℃ 風:南西(Max18.0m/s)

ドボンと入ると、おっと昨日よりヒンヤリ。。

一度低い感じです。

豪快なドロップオフのポイントで沖まで行かずマクロしたり



idesari200717.jpg

八丈屈指のイデサリアーチを楽しまずにマクロしたり…


いやいや、アーチはちゃんと見ましたよ↓




ん〜!ナイスイデサリアーチ!

4月ぐらいには、今年はボートダイビングも出来ないかと思ったけど出来て良かった〜。


というわけでしみじみ潜りつつ、マクロってきました!



200717-so-01sokodo.jpg

ソコドウミコチョウです。

バーガンディラインが素敵。


200717-so-05danbo.jpg

ダンボウミコチョウかな。



200717-so-02sirosikibu.jpg

シロシキブウミウシです。

ムラサキシキブもいるのか??


200717-so-03pig.jpg

ハチジョウタツです。

八丈といえば!ですね!


200717-so-04namemon.jpg

ナメモンガラライダー!

ナメモンガラの顔にカニが乗ってます!

こんなの初めて見ました!!

卵守り中でウロウロしてたので、じっくり見れました!


ほかに見られた生物は、
魚類:ユウゼン レンテンヤッコ ツバメウオ群れ イロブダイ幼魚 ツユベラ幼魚 アブラヤッコ

ウミウシ類:レモンウミコチョウ クロフチウミコチョウ テントウ ウスフジ エレガントヒオドシ ユビ ケラマミノ ユキダマ コンガスリ パナポ ヒメコモン モンコ キスジ 


甲殻類:キンチャクガニ


明日も南西の風、2ボートダイビング+底土ですね!

南西の風の時はこのプランがおすすめです!


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 22:54| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

3ビーチサファリのちHOTけナイトまで!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ


皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、概ね曇り、風もちょっとだけ弱まり、穏やかな一日でした。夜から大雨の予報もあり、ナイトリクエストがあったのでびびってましたが、特にたいして降らず。。降ったのはやはりシロアリでした。。


200716-kayaso02.jpg

一番穏やかだった底土。

午前は工事だったので、昨日調査済みの神湊から、

そしてうねりの残る八重根、戻って底土。

と主要3ポイント制覇してきました。

え?ナズマド? そんなポイントありましたっけ??


2020/7/16☁ 神湊・八重・底土・HOTけ底土 水温25-26℃ 透視度15m 気温23.9-28.2℃ 風:西南西(Max13.9m/s)

ドボンと入ると、今日も快適水温!

26℃でしたが、ゲストさんのダイコンは27℃でした!!

ウミウシ好きのゲストさんなので、マクロでじっくり!

色々撮っていただきましたよ〜!

画像はいただいておりません。。

ナイト終わりで時間も無いので、今日は今年初開催したHOTけナイトの動画!




え、閲覧注意ですかね‥‥。


陸上で光に集まるシロアリは嫌いなのに、HOTけライトに集まる虫が平気なのは何故。。

すぐ洗えるからでしょうかね。。

ちなみにこの時、ウシノシタの仲間の稚魚を撮影中です。

1cmぐらいのひらひらが蠢いています。



ほかに見られた生物は、
魚類:ナガサキスズメダイ幼魚

ウミウシ類:シロ・ソコド・オレンジ・レモンウミコチョウ、シロスジヒオドシ ミドリリュウグウ ゾウゲ パナポ ホンノリ ミスジ ミゾレ ユキダマ テングモ・ネオン・ベガエの「モ」ウミウシ ミカド ケラマミノ ツツイシミノ ウスフジ シモフリカメサン などなど

明日は…まずはANA1便が飛んできてくれることを祈ります!!


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 23:59| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

神湊でのんびり調査ダイブ!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、未明の大雨&雷からのスタート。 しかし、全然気づかず。。 爆睡でした。。

日中は曇りとはいうもののここ最近ではちょっと明るい曇り。陽が射している時間もありました!

海は引き続き底土が凪ぎですが、今日はあえての神湊調査にいきました。


200715-kami02.jpg

安定の凪ぎ凪ぎ神湊。

よ〜〜〜く見ると、猫がいますよ。


2020/7/15☁時々☀ 神湊 水温26℃ 透視度8-10m 気温23.7-28.4℃ 風:西南西(Max17.0m/s)

ドボンと入ると、お!神湊も温かい!

誰も入ってないからか透明度もGOOD。

壁を見ながら沖へ向かうも、狙いのアイツは見つからず。。


otohime0715.jpg

オトヒメエビがやたらいるだけでした。

ちなみに抱卵個体です。



tengmo200715.jpg

モ・ウミウシの仲間が3種ぐらい確認できました。

もしかしたら、明日のウミウシ好きさんに使うかな〜と思って調査してきました。



himekomon200715.jpg

ヒメコモンウミウシです。

触角のネジネジがかわいいウミウシです。


poripu200715.jpg

先日のサンゴのポリプ。

生えものを今日はラフモノクロームというモードで撮影。


ほかに見られた生物は、
魚類:アケボノチョウチョウウオ ミツボシキュウセン など


明日は風弱い予報。

八重根も回復するかもしれません!


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 20:42| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

南西の風が吹いて底土日和が戻ってきました。。

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、朝から土砂降り! 7時台は26mも降ったとか。。 日曜日に残りHPを奪われたアルケロンは爆睡中でしたが。。昨日は落ち着いた風も今日は南西強し。西側は状態が良くなさそうだったので、底土でまったりです。


200714-so02.jpg

曇天ですが、べた凪ぎ底土。

遅い時間に行ったのでダイバーも少な目でした。

2020/7/14☔のち☁ 底土 水温25℃ 透視度15m 気温22.8-26.2℃ 風:(Max16.5m/s)

ドボンと入ると、お!25℃以上の感じ。

温かい水ですね〜!

今日は時間が遅かったので手前でサクッとです。


konayuki200714.jpg

コナユキツバメガイです。

淡い模様でキレイです。


kiiroumiko200714.jpg

キイロウミコチョウです。

今日はウミコチョウ多く目に付きましたよ。


ryuuguu200714.jpg

リュウグウウミウシです。

渋いボディに淡い触角&二次鰓。

あえての角度です。



gokuraku200714.jpg

明日葉ミドリガイ…と言いたいとこですが、ゴクラクミドリガイの仲間です。

明日葉餃子…。。



honnori200714.jpg

ホンノリイロウミウシです。

シンプルですが、かわいい色合いです。

明日も南西の風強し。

底土日和に戻っちゃいましたね。。


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 22:30| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

束の間のナズマド、青くて26℃でした!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、概ね曇りですが、時折晴れ間あり。明日からの雨マークを見ると束の間の雨無し日になりそう。

昨日潜ったゲストさんは1便で無事にお帰りになられました、ご利用ありがとうございました。


風は夜中から穏やか〜になっており、海も一気に回復傾向でした!

とは言っても午前はまだバサバサなので、午後遅めにナズマドへ!


200713-na02.jpg

ちょいうねでしたが、問題なくエントリーエキジットできました!


2020/7/13⛅ ナズマド 水温25-26℃ 透視度30m 気温22.6-26.5℃ 風:南西(Max8.2m/s)

ドボンと入ると、青い!!

青い青い青い! 沖は真っ青で水温も26℃!

黒潮パワーを感じる海でした!


うっかりジンベエザメでも出ないかな?と沖を攻めたので、気が付いたら画像がほとんどない。。

なんとか撮ってきたものが数枚。。


nisegoishi200712.jpg

ニセゴイシウツボです。

二の根に潜んでおりました。


isobana200712.jpg

イソバナガニです。

これから高水温になるとほとんどのオオイソバナに住み着きますよ。


yukidama200712.jpg

お好みのカイメンじゃないところを歩いていたユキダマウミウシ。

もしかしたら、ホストのカイメンは食われてしまったのかもしれません、あの増え過ぎなヒトデに。。



ebisu200712.jpg

エビスダイの仲間です。

ウロコがすごいですね。


ほかに見られた生物は、
魚類:ヒレナガカンパチ ツバメウオ ハタタテハゼ ユウゼン ウメイロモドキ ホウセキキントキ群れ アカヒメジ群れ ハナゴイ群れ キンギョハナダイ乱舞などなど

明日は南西の風が少し吹きます。

予報ぐらいだったら、何とか西側潜れるかもしれません。。


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 20:55| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

とことこ歩け論でガッツリ底土3本!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ


皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、昨晩からの強風と朝から降り始めた雨、ANAは条件付きでしたが、さらっと着陸。 無事に帰路につきました、ご利用ありがとうございました!

入れ替えで超元気なメンバーが到着!

のっぴきならない理由で到着!

うっすいウェットスーツで1時間を3本。。。


200712-sss02.jpg

底土とことこと3本歩け論してきました!



2020/7/12☁時々🌂 底土×3 水温24-5℃ 透視度15-20m 気温23.5-26.8℃ 風:南西〜西南西(Max22.6m/s)

ドボンと入ると、「あれ?温かい」

底土は概ね25℃ありました!

コロナで画像データはご遠慮してるので、今日の画像を!


200712-snap.jpg

と、スナップを撮っておきましたが、


夜な夜なアルコールでがっつり消毒されたSDが。。。

というわけで、ありがたく使用させていただきます。



200712-y-01koibo.jpg

コイボウミウシ交接です。


200712-y-02kyara.jpg

キャラメルウミウシも交接中。



200712-y-03moyou.jpg

モヨウモンガラドオシ、若い個体はかわいい!



200712-y-04kanpa.jpg

良型のヒレナガカンパチ!



200712-y-05kinchaku.jpg

キンチャクガニも元気!


200712-s-01madara.jpg

特大マダラエイ登場!

大きかった!


200712-s-04yukidama.jpg

ユキダマウミウシも見えやすいとこに。


200712-s-05neon.jpg

2mm?ネオンモウミウシです。

肉眼では、「ホントにウミウシだよね?」って思いながら撮影アシストしてました。



200712-s-02kame.jpg

アオウミガメ激写中。


200712-s-03kame.jpg

アオウミガメ激見中。


ほかに見られた生物は、
魚類:ギョギョギョな魚影。

ウミウシ類:めっちゃウミウシ。

甲殻類:イセエビ 

ストア弁当:ミックスフライ おろしトンカツ おろしヒレカツ しょうが焼き

明日はガイド無し、のんびり八重根かな?


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 23:36| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

八重根でのんびり2ダイブ!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、概ね晴れ。三根側はとってもいい天気で、空港周りはドヨヨンとしたお天気でした。

風は南西でしたたかに吹いておりました。


200711-yya02.jpg

八重根はなんとか持ちこたえ、のんびり2本潜ることができました。


2020/7/11☀ 八重根×2 水温22-24℃ 透視度15-20m 気温25.8-28.6℃ 風:南西(Max17.0m/s)

ドボンと入ると、湾内はうねりと濁りありですが、温かい!!

クマノミ沖は澄んでいて青いのですが、ちょっとヒンヤリでした。。



200711-snap.jpg

アーチ周りはうねりでちょいニゴ。

まぁこれだけ見えてれば問題ないですね。

大きなコロダイが鎮座してました。


200711-snap02.jpg

ほら貝の仲間がアオヒトデを切り裂いて捕食しておりました。

こんなネイチャーシーンは撮影しなくては!ということですが。

ゲストさんは20年来のお付き合いのゲストさん。。

弊社ロゴ、Tシャツなどのデザイナーさん。。

最近、コロナ禍で撮影データはいただきにくくなっているので、予めパチリ。




200711-snap03.jpg

たぶん、こんな感じで撮れてるのかな?



ほかに見られた生物は、
魚類:クロメガネスズメっこ アマミスズメっ子 カンムリベラ幼魚 ツユベラっ子 クマノミっこ ムロアジ群れ カンパチ

ウミウシ類:シモフリカメサン シロタエイロ 

甲殻類:キンチャクガニ

ストア弁当:チキンカツ


南西の風ビューなので、潜れるのは底土だけになりそうです。

ま、ガイド無しなので問題ないですが。


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 22:23| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

風緩んでナズマド三昧!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、微妙に風が緩んでナズマドが潜れるぐらいにまで回復! 多少のパシャつきはありますが、マンツーダイブでしっかり潜れました! 天気はアルケロンがある三根側はめっちゃいい天気! キレイな青空でまさに夏でした!

しかし風表側の八重根は真っ白な霧。

青空なんて嘘だったかのよう。


200710-na02.jpg

ナズマドの高台から望んでも…八丈小島が無いっ!

ナズマドから見えても小島は裾野がぼやっと見える程度でした。


2020/7/10☀ ナズマド×3 水温22-23℃ 透視度20-30m 気温25.6-29.7℃ 風:南南西(Max12.3m/s)

ドボンと入ると、水中の視界は良好!!

青い水でキレイでした〜!

しかしちょっと冷えてる‥‥その冷えた後のエキジットではマスクが結露して真っ白!

何も見えん!!

エントリ待ちしてたガイド仲間が、

マスク曇った眼鏡を見て笑いを押し殺して「流れてましたか?」と聞こうとしてましたが

…押し殺せずにいました。



200710-snap.jpg

いや〜、夏の青い水を撮れたかな?

サラシが光のカーテンを生みだして爽やかブルーです。





ゲストさんは引き続きマクロフォト、色々と撮っていただきました。

そして初八丈島だったので、見てほしかったユウゼンもたっぷり見れて良かった!


ほかに見られた生物は、
アオウミガメいっぱい

魚類:コガネスズメダイ幼魚 シロボシスズメダイ幼魚 イワサキスズメダイ幼魚 ヒメスズメダイ ★今季初スミレヤッコ幼魚★ カッポレ ヒレナガカンパチ

ウミウシ類:テントウ ゾウゲ ユビ モザイク 小さなパイナポ モンジャWithケヤリモ コヤナギ コンガスリ などなど

甲殻類:イセエビ ロボコン キンチャクガニ

ナナヤの日替わり:@冷しゃぶ A豚肉玉ネギソース Bいわしバーグのとろろ丼
(さて何を食べたでしょう?)


ゲストさんは今日が最終日、遥々、遠方からありがとうございました〜!!


明日はながーいお付き合いのゲストさん、ゆる〜く潜るので、多分2本かな?

3本をごり押ししようと思いますが、絶対2本かな?

では、乞うご期待!


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 21:17| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

とってもキレイな青空の下〜こんな日が続けばいいのに〜

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!

思わずサブタイトルつけちゃいますね、今日の素晴らしい青空、そして今日の新規○○。。


で! 今日の八丈島は、東側はとってもいい天気! 青空がとってもキレイで夏〜な感じ! しかし空港から八重根方面は低い雲と霧でもやや〜〜んと梅雨っぽい感じ。。梅雨後半の雰囲気ですね。

海は風がやや弱まったので、八重根も潜れるまでに回復(うねりはあるけど)。

底土は今日もべた凪ぎです!


200709-ssy-02.jpg

ん〜!夏ですね!

空と雲がキレイ! もちろん海も!


2020/7/9東☀/☁ 底土・底土・八重根 水温23-24℃ 透視度15-20m 気温25.3-29.3℃ 風:南西〜南南西(Max13.9m/s)

ドボンと入ると、太陽の日差しいっぱいでキラキラキレイ!


200709-niza.jpg

エントリーホールにはニザダイの群れがブワ〜〜。。


200709-soko.jpg

しかし、今日はマクロフォトガイド!

一眼レフのマクロレンズで撮影です。

あ、そうそう今日は久しぶりのガイドです(笑)

沖縄がメインのゲストさん、初八丈だったので、八丈らしいものがリクエストだったのですが…。


イロブダイ幼魚 ハタタテハゼちびっこ クマノミ超ちびっこ…沖縄で良くない??


kanpa200709.jpg

八丈らしい溶岩地形のアーチとヒレナガカンパチ…


いや、マクロだから…。。

アオウミガメにレンテンヤッコ、ナメモンガ…遠いし。。

ユウゼンはいないし。。


ま、ちびっこネタを色々撮っていただきました。


ほかに見られた生物は、
魚類:スミツキベラ幼魚 キツネベラ幼魚 ムロアジ

ウミウシ類:キイロウミコチョウ レモンウミコチョウ キャラメルウミウシ交接 ゾウゲイロウミウシ交接 ユキダマウミウシ ホンノリ アンナ アデヤカミノ テントウなどなど


明日は弱い南の風!

うっかり、うっかりナズマド凪ぎないかな〜!


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 21:52| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

そろそろ南西の風も収束かな?

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、特に変わらず南西の風、微妙に弱まったかな?と思う時間帯もありましたが、最大18m。 それでもやはり弱い予報も出てきているので、そろそろ八重根が潜れそうな感じです。。明日辺りから…っと、その前に今日のログです。


200708-so02.jpg

今日の午後は小舟での作業船がいますが、ダイビングはOK! ということで通常コースも回りました。

時々、「カーン」と高い音が聞こえるのが怖い。。。

2020/7/8⛅時々☀時々☔ 底土 水温23-24℃ 透視度15-20m 気温23.7-26.8℃ 風:南西〜南南西(Max18.0m/s)

ドボンと入ると、ウェルカムヤマブキベラ。

中継ぎはツバメウオがウロウロ。

最後は久しぶりのムロアジの群れでした。

水底には、


chairo200708.jpg

チャイロミドリガイです。

緑の海藻の上に乗ってたので、これはラッキーとパチリ。


danbo200708.jpg

同じくダンボウミコチョウもオングリーン。



montsukihibotan200708.jpg

こちらは比較的珍しいモンツキヒボタンウミウシです。

が、今日は2個体ほどポンポンと見つかりました。



yukidama200708.jpg

ユキダマウミウシも安定の位置。


madaraii200708.jpg

かわいいサイズのマダラエイ。

アーチ下の漁礁の下に隠れてました。


irobudai200708.jpg

イロブダイ2号!

シーズンですね!

明日からはちょっとガイドが続きます。


海でも陸でもマスク姿で頑張ります!


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 23:47| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

神湊狭しと探しましたが…残念、無念。

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は‥‥もう聞き飽きたかもしれませんが、相も変わらず南西の風です。しかも9−10m。。

毎日毎日よく吹きます。

南西向きなのはわかりますが、こんなに吹くっけ??

底土はべた凪ぎですが、工事で潜水禁止、さらに神湊で探したいものがあったので、それを求めて神湊へ!


200707-ka02.jpg

見つかるまで帰れません…と意気込んだものの全然見つからず…。

自然相手、相手は生ものだからね、ネイチャーガイドの殺し文句でエキジット。


2020/7/7⛅ 神湊 水温23-24℃ 透視度8-10m 気温25.4-26.9℃ 風:南南西(Max18.0m/s)

ドボンと入ると、キレイな神湊!

今日は人が入ってないので(たぶん)、水面にはうっすら淡水。

濃度が違う水が層になっておりました。


ao200707.jpg

アオウミガメものんびりお休み中。


poripu200707.jpg

ポリプ満開!

生えもの好きの方、素敵に撮って〜!


teng200707.jpg

テングモウミウシも沢山見られてます。


kikamoyou200707.jpg

キカモヨウウミウシは大きな個体。

神湊のキカモヨウってやたらと大きいのが多いです。


hanagasa200707.jpg

う、ウミウシも集まりすぎると…。


で、目的のものは見つからず。。。


明日も南西の風です。。


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 19:52| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

梅雨も後半戦の雰囲気、しかし南西風は強し。。

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、飽きもせずに南西の風。天気は曇りですが、多少晴れ間ありで気温も上昇。

何となく梅雨も折り返しになった雰囲気です。


200706-so02.jpg

で、午後から海へ行ったわけですが、水は一度下がってた…たまたまでしょうけど。。


2020/7/6⛅ 底土 水温23℃ 透視度15-20m 気温25.3-28.4℃ 風:南南西(Max18.0m/s)

ドボンと入ると、昨日は中々の向かい潮だったのに、今日は沖出しの潮。。

おまけになんかちょっとだけ水温が下がってる。。。

まぁ気が付けば大潮ですし、潮もよく動くのでしょうね。


konayuki200706.jpg

コナユキツバメガイです。

ミョウガに似てますね、とよく言われるウミウシ。。


shimohuri200706.jpg

シモフリカメサンウミウシです。

いつもは壁面に埋まっていることが多いですが、今日は移動中。

浅い角度からパチリ。

カメさんが全く見えません。



misuji200706.jpg

ミスジアオイロとホンノリイロウミウシです。

そういえば、この2種は同種とされてた時があったような。。


mitsui200706.jpg

交接中のミツイラメリウミウシです。



himemonko200706.jpg

ヒメコモンウミウシです。

柄もさることながら、ネジネジもかわいいウミウシですね!



ん〜、それにしても風が強いですね。


やり残している庭の作業をしたいのですが、もう少し風が収まってくれないかなぁ。。

というより、隣の敷地、伐採しすぎて風通し良さすぎ。。

こりゃ台風が怖い…。。


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 17:05| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

南西の風強く、やっぱり底土日和。。

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ



皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!

今日の八丈島は、相も変わらず南西の風、西側は一応見ましたが、八重根は時化気味。

底土はべた凪ぎですが、8時ぐらいから大きな作業船がやってきて…潜水禁止となりました。。

作業は午前中で終わったので、結局午後からは潜れたのですが、今日のガイドリクエストは午前中。。

ピンポイントに工事の時間とガイドの時間が重なり、アイアム無職となりました。

昨日一昨日は工事無し、明日も工事無し。

狙いすぎでしょ…。


200705-so02.jpg

というわけで、仕方ないので午後から一人テクテクと底土へ。。


2020/7/5☁時々🌂 底土 水温24℃ 透視度15m 気温24.0-26.6℃ 風:南南西→南西(Max17.0m/s)

ドボンと入ると、アオウミガメ。

島周りどこでもアオウミガメだらけですね。



aonome200705-01.jpg

こちらはアオノメハタです。

底土ではあまり見なかったような…ハタは魚食性ですが、若いうちは警戒心が強い。。

すぐに隠れてしまいました。



konpeito200705-01.jpg

コンペイトウウミウシです。

これに似ているのがキスジカンテンウミウシなのですが、



kisuji200705-01.jpg

なんすか、この形。。。

見たことない形になってます。。



kisuji200705-02.jpg

キスジカンテンキノコみたいになってます。。

た・ぶ・ん、ですがこの巨体を岩の隙間にねじ込んで隠れようとしているところなのかな??と。



zouge200705-01.jpg

こちらは堂々と交接中のゾウゲイロウミウシです。


nokogiri200705-01.jpg

ノコギリハギのちびっこも見られました。

ま、正直ちょっと育ってますが、まだまだかわいい盛りです。


ほかに見られた生物は、
魚類:ヒレグロベラっこ ツユベラっ子 アカハチハゼっ子 アカハタ ツバメウオ 今日はしつこいヤマブキベラ

ウミウシ類:ウミコチョウ各種 モンコ ミゾレ ミカド ムロトミノ 


明日も南西の風、今年の梅雨は果てしなき南西の風ですね。


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 19:34| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

ウミコチョウ祭りにオキアミ祭り。。

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

ご予約・ご来島の前に、ご面倒でもご一読いただきますようお願い申し上げます。


@新型コロナウイルス感染症に関する営業再開後の取り組み.docx.pdf


A当店をご利用いただく皆さまへ.docx.pdf


B共用サービスのご利用方法.docx.pdf


皆さまへは大変ご不便をおかけ致します。

また、上記以外にも現地にて細かい指示をさせて頂くかと思いますが、どうぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


ダイビング中は今までと同様に、ご案内させていただきます。


皆様にお会いできる日を楽しみにしております。


八丈島ダイビング アルケロンより

皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、南西の風ビュービュー。。雨は午前中に微妙〜にポツポツ。。午後は概ね曇りでした。

海は引き続き底土がべた凪ぎ、今日は工事なしなので、午後からのんびりと回ってきました。


200704-so02.jpg

土曜日とあってダイバーもちらほら見られました。

(ボートダイブも出てたようでした)


2020/7/4☁ 底土 水温23℃ 透視度15-20m 気温24.0-26.1℃ 風:南西(Max19.0m/s)

ドボンと入ると、昨日より水温1度下がった感じ。

まぁ寒さは特に気にならなりませんでしたが。


danboumiko200704-01.jpg

ダンボウミコチョウです。

そういえば、キイロじゃなくてダンボってのがいたの思い出した。。


lemonumiko200704-01.jpg

レモン?ウミコチョウかな。。

ウミコチョウ類が多いので、今日は脳内ウミコチョウカウンター起動。

1ウミコチョウ 2ウミコチョウ 3ウミコチョウ…と数えていきましたが、

アーチ着く前の12ウミコチョウあたりで‥‥飽きました(笑)


irobu200704-01.jpg

イロブダイ幼魚はすくすく育っているようで、先日よりふっくらしてました!


warai200704-01.jpg

ワライヤドリエビです。

ま、いつもいますが、たまには画像を載せておきましょう。



satsuma200704-03.jpg

サツマカサゴの胸鰭の裏側です。

顔面撮ろうっとしてたら、フラッシングしてきたので、チャンス!とパチリ。


そうそう、いつもはしつこいヤマブキベラですが、今日はいないな〜と思ってたら…




堤防先端にいた釣り人が撒きまくっていたコマセに集まっていました。

中々のコマセワークの達人で次から次へと。。

しかも、よく見ると小さなアミコマセと大粒のオキアミコマセが、

鬼のマシンガンコマセ。。


そして、潮が湾内に入り込む潮だったので、コマセのカーテンがエントリー口に流れてきてて。。。


オキアミ臭い…。



ほかに見られた生物は、
魚類:べらっこいっぱい

ウミウシ類:ウミコチョいっぱい

甲殻類:オキアミいっぱい


明日は島民さんガイドなのですが、底土の工事次第です。。


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 21:03| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

激流の中、ユウゼンが群れてました!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

ご予約・ご来島の前に、ご面倒でもご一読いただきますようお願い申し上げます。


@新型コロナウイルス感染症に関する営業再開後の取り組み.docx.pdf


A当店をご利用いただく皆さまへ.docx.pdf


B共用サービスのご利用方法.docx.pdf


皆さまへは大変ご不便をおかけ致します。

また、上記以外にも現地にて細かい指示をさせて頂くかと思いますが、どうぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


ダイビング中は今までと同様に、ご案内させていただきます。


皆様にお会いできる日を楽しみにしております。


八丈島ダイビング アルケロンより

皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、風が弱い一日! こんな日はナズマドチャンス! 久しぶりに底土縛りから逃れられます。(底土も楽しいけどね)

ということで、午後からナズマドを楽しんできました!

が、梅雨の合間でナズマドが潜れるような風凪ぎは‥‥シロアリ大発生日!!

現在19:30、外は絶対に出たくないほどシロアリが飛びまくってます。

あ〜、このタイミングで思い切り雨降ってくれないかな〜。


200703-na02.jpg

久しぶりの高台からの風景。

天気はなんですがね。。

そして…潮もなんですがね。。。

南潮激流。。。

2020/7/3☁時々☔ ナズマド 水温24℃ 透視度20-30m 気温22.7-24.9℃ 風:南西(Max10.8m/s)

ドボンと入ると、激流ナズマド。

序盤はマクロでちょろちょろと。。

中盤からは、「この南潮で大物でも来ないかな?」と沖へ向かうと!

まさかこの激流でユウゼンが群れ群れ〜!

ユウゼン自体は少ないですが、ソウシハギの群れとイシガキダイの群れに続いてのユウゼン群れ。

激流に阻まれて一番密度が高かったところを撮れませんでしたが。。






雰囲気だけでもと、動画でなんとか!

どちらかといえばソウシハギの群れ群れを撮りたかったなぁ。。

まぁこんな感じで水中もざわざわなので、陸上もざわざわ(シロアリ)なこと請け合いなのでした。


ほかに見られた生物は、
魚類:何某のベラっこだらけ ツユベラっ子 ウメイロモドキ

ウミウシ類:ルージュ モザイク コンガスリ

甲殻類:キンチャクガニ オルトマンワラエビ



八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 20:58| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

底土はソコドウミコチョウがいっぱいです!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請もステップ3になり、八丈町からの不要不急の来島の自粛も6/19より緩和されました。それに伴い、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開します。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

営業再開にあたり、当店での営業取り組みを作成いたしました。

ご予約・ご来島の前に、ご面倒でもご一読いただきますようお願い申し上げます。


@新型コロナウイルス感染症に関する営業再開後の取り組み.docx.pdf


A当店をご利用いただく皆さまへ.docx.pdf


B共用サービスのご利用方法.docx.pdf


皆さまへは大変ご不便をおかけ致します。

また、上記以外にも現地にて細かい指示をさせて頂くかと思いますが、どうぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


ダイビング中は今までと同様に、ご案内させていただきます。


皆様にお会いできる日を楽しみにしております。


八丈島ダイビング アルケロンより

皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、相も変わらず南西の風。午前中は雨で一時土砂降りでした。 午後からは雨が上がり、時々青空も見えてました。

それよりも、本日の東京の新規感染者数が107人…。。

これはまた…今月も危ういですね。。


200702-so02.jpg

今日も絶賛工事中。

遅めに出かけましたが、まだまだ工事中。

潜る前に船移動をし始めてたので、この後だろうとなぁと思ってたら、

やはり潜っている間に工事終了のメールが来てました。

もちろんフライングは出来ないので、おとなしく手前でマクロです。

2020/7/2☔のち⛅ 底土 水温25℃ 透視度15m 気温22.9-26.3℃ 風:(Max19.0m/s)

ドボンと入ると、工事側でないところからの潮が入ってきたのか、表層は真っ青な水!

いやぁ夏の八丈ブルーの片鱗が感じられた瞬間でした。


そんな青い水ではなく、地べたでマクロ!


senjumino200702-01.jpg

センジュミノウミウシをカッコいい感じにパチリ。


ryuuguu200702-01.jpg

リュウグウウミウシです。

触角の淡いブルーがキレイ!


nishikitsubame200702-01.jpg

ニシキツバメガイです。

ツバメガイの由来の燕尾が長くてキレイ。

左右で長さが違うのもポイントですね。



kiiroumiko200702-01.jpg

キイロウミコチョウです。

ウミコチョウが爆発している感じの底土ですが、

昨日のログにあげたソコドウミコチョウがやたらと多かったです。

明日は風が落ち着く予報、久しぶりに八重根に潜れるかもしれません!


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 17:50| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする