2019年09月04日

まだまだべた凪ぎです(あの「L」に脅えつつ)

皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、基本的に天気は良いものの何度も何度もスコールに見舞われる一日でした。 昨日まで潮が無かったナズマドも今日は午前にブンブンの南潮。向かっている高台の時点で潮目がはっきりしてたので、あっさり諦め、珍しく乙千代まで遠征してみました。


190904-migina02.jpg

夏は海水浴客が多いので敬遠している乙千代。

多分2か月ぶりぐらいかな?久しぶりに潜ってきました!


2019/9/4☀時々☔ 乙千代右・ナズ 水温27-29℃ 透視度20m 気温24.0-29.8℃ 風:北東(Max8.2m/s)

ドボンと入ると、湾内に入り込む潮のせいか乙千代は魚が多く感じました。

手前のゴロタも大きくは転がってないようで、サンゴも元気でしたよ!

ただし、砂地は大きくえぐれていてガレ場に。。

砂が無くなりすぎて深い…。



ocho190904-01.jpg

独特の地形を楽しみつつ、彩りのナミマツカサ達。

壁面にはヒオドシユビやアデヤカミノ、キャラメル、シロタエなどのウミウシ達、

水面にはコバンアジも。


紫色が特徴的なエビが出やしないかと穴という穴を覗きましたが、出ず。。



sabi190904-01.jpg

眼がかわいいサビウツボ。



hadakaha190904.jpg

今年もう何匹目でしょ、ハダカハオコゼ。。

小さい個体でした!



190904-snap.jpg

アオウミガメとゲストさん。

モシャモシャ海藻を食んでました。


kudagonbe190904-01.jpg

クダゴンベの若い個体です。

クダゴンベも当たり年!



kinchaku190904.jpg

こちらは大きなキンチャクガニ。

このイソギンチャクより小さいキンチャクガニも見られました。



kubinaga190904.jpg

クビナガアケウスもたまにはパチリ。

しかしやっぱり地味。。


ほかに見られた生物は、
魚類:ウメイロモドキ群れ マダラタルミ幼魚 イロブダイ幼魚 ネッタイミノカサゴ幼魚 タテキン 

ウミウシ類:コンペイトウ ミゾレ パナポ ミカド

甲殻類:イセエビ オルトマンワラエビ


明日はゲストさん入れ替えです。

こちらも数年ぶりにお帰りアルケロンのゲストさん。

楽しみですね〜!


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 22:51| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする