2019年05月16日

サメは登場するもユウゼン玉は見られずで。

皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!


今日の八丈島は、昨夜から涼しい東北東の風。 お帰りのゲストさんの器材も良く乾いたようです。チェックアウト後の寝具もいい感じで天日干し。 海は八重根はうねうね、ナズマドは回復!


190516-na02.jpg

というわけで掃除・洗濯・天日干し!の後に、潜りに行きました!


2019/5/16⛅のち☀ ナズマド 水温21℃ 透視度15-20m 気温18.0-22.6℃ 風:東北東(Max14.9m/s)

ドボンと入ると、お昼はのんびりの潮緩め。

マクロって来ました。


pigmi190516-01.jpg

ジャパピグです。

絞りを絞って真面目に撮ってみました。



nishikikyuusen190516-01.jpg

ニシキキュウセンの幼魚、かわいいです。

数個体見られました。


musumebera190516-01.jpg

こちらはムスメベラの幼魚。

こんな小さいのはあまり見ないかも。

ふいに魚がブワーっと動いたので、「サメだな?ニタリか??」

と、振り向くと


hiramasa190516-01.jpg

ヒラマサの大きい個体。

ヒラマサにしては珍しく周りをぐるぐるっと2回転してくれました。


arari190516-01.jpg

ウミウシもパチリ。


浅場に帰ってくると、馬の背のトンネル付近に何か長い大きな影が?!


イルカ??

いや、サメ〜!!

と、ダッシュで追走。

なんとしても証拠画像を!と泳ぐも、流石に早い。


サメは馬の背越えて、沖へ向かうので、こちらも負けじとトンネルくぐって南面へ。

・・・・・もういねぇ・・・・。

と、引き返そうとしたら、馬の背沿いに岸側に移動してたのか、再登場!!



same190516-02.jpg

浅〜〜いとこを泳いでるのがわかりますよね?


サイズは2mオーバー、という感じでした。


サメ見て喜んでたら、エキジット後、ユウゼン玉があったというので、

午後はワイドに変えて出勤。


やる気満々で向かうと、

やっぱりいませんでした。


madaraei190516-01.jpg

エントリ直後にマダラエイがいた時がワイド撮影のピークだったな・・・。


そういえば、浅場のキホシスズメダイが産卵会議してたので、そろそろキホシスズメダイ産卵祭りになりそうです。

そうなれば浅場でもユウゼン玉が見られますね!

楽しみ!


明日はガイド。

何が見れるかな〜?


八丈島ダイビング アルケロンより
posted by 八丈島 アルケロン at 23:05| Comment(0) | ダイビングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする